「新作紹介」カテゴリーアーカイブ

『返校 言葉が消えた日』は台湾の暗黒史にあえて目を向けた、誠実で胸に迫る恐怖映画!

 小説やコミックの映画化作品はもはや当たり前。近年はゲームソフトをもとにした作品も目立つようになってきた。やはり『バイオハザード』シリーズの成功が大きいのだろう。近年では『モンスターハンター』や『モータル・コンバット』な … 続きを読む 『返校 言葉が消えた日』は台湾の暗黒史にあえて目を向けた、誠実で胸に迫る恐怖映画!

『イン・ザ・ハイツ』はニューヨークのラテン系アメリカ人を称えた、熱くて躍動感に満ちた傑作ミュージカル!

 アメリカ合衆国が多民族で成り立っていることは論を俟たないが、ようやく近年になってそれぞれの民族に焦点を当てた作品がいくつもつくられるようになった。ラテン系、アジア系など、それまでは都会の多様性を象徴する点景としてしか描 … 続きを読む 『イン・ザ・ハイツ』はニューヨークのラテン系アメリカ人を称えた、熱くて躍動感に満ちた傑作ミュージカル!

『竜とそばかすの姫』は仮想世界と現実が交錯する、細田守ならではの少女の冒険成長物語!

 ユニークな才能が次々と輩出する日本のアニメーション界にあって、オリジナリティに満ちた物語で牽引する存在といえば、細田守がまず頭に浮かぶ。  2005年に『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵 … 続きを読む 『竜とそばかすの姫』は仮想世界と現実が交錯する、細田守ならではの少女の冒険成長物語!

『共謀家族』は映画を愛する男が家族を率いて完全犯罪に挑むという、ミステリー心を刺激する快作!

 近年、中国本土が最大の映画市場と認知されたこともあり、世界の興行収入ランキングが様変わりしつつある。  これまでのようにアメリカ映画のブロックバスターが独占するばかりではなく、中国愛国礼賛大作やアクションなどもチラホラ … 続きを読む 『共謀家族』は映画を愛する男が家族を率いて完全犯罪に挑むという、ミステリー心を刺激する快作!

『ゴジラvsコング』は往年の東宝怪獣映画を現代に復活させた、痛快無比な破壊スペクタクル!

 アメリカ映画界が日本の怪獣映画を最新の特撮技術を駆使してアメリカ映画としてスクリーンに蘇らせる。理屈抜きのアクション、破壊しつくす凄まじいスペクタクル。息つく暇もないまま最後まで疾走する。  世界市場をリードするアメリ … 続きを読む 『ゴジラvsコング』は往年の東宝怪獣映画を現代に復活させた、痛快無比な破壊スペクタクル!

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は世界中で愛されるウサギが弾けた、痛快武勇伝!

 ウサギのキャラクターといえば、カートゥーンではバックスバニー、童話のなかではモフモフ感に満ちてキュートなピーターラビットがまず頭に浮かぶ。ピーターラビットは、1902年にビアトリクス・ポターが生み出した「ピーターラビッ … 続きを読む 『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は世界中で愛されるウサギが弾けた、痛快武勇伝!

『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は些細な音にも息を呑む、サバイバル・ホラー快作!

 卓抜したアイデアでセンセーショナルなヒットとなった作品に続編が企画されるのは映画界の常だが、そのアイデアが周知のものとなってしまうと、第1作を凌ぐ趣向が必要になる。第1作にも勝るとも劣らないストーリーと展開の妙が求めら … 続きを読む 『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は些細な音にも息を呑む、サバイバル・ホラー快作!

『Mr.ノーバディ』は意外性のあるヒーローが大暴れする、痛快なアクション快作!

 筋肉隆々たるヒーローが胸のすく活躍をみせる、かつてのアーノルド・シュワルツェネッガーのアクション映画も分かり易くて結構だが、ヒーローはどこか意外性をもった存在であってほしい。最近のような驚きが少なくなった時代にあっては … 続きを読む 『Mr.ノーバディ』は意外性のあるヒーローが大暴れする、痛快なアクション快作!

『幸せの答え合わせ』はイギリス映画らしい、リアルで共感度の高い家族のドラマ。

 愛し合ってウエディングベルを鳴らしてめでたく結ばれる。  能天気なラブストーリーならば、ここでハッピーエンドとして幕を閉じるわけだが、現実的に考えればそうはいかない。  燃え上がった感情はいつしか熱を失っていく。穏やか … 続きを読む 『幸せの答え合わせ』はイギリス映画らしい、リアルで共感度の高い家族のドラマ。

『クルエラ』は悪役(ヴィラン)なのに応援したくなる、楽しく溌溂とした女性の成長物語!

 ウォルト・ディズニー・カンパニーが生み出した作品はどれも確固たる世界観に根差している。アニメーションでも実写でも、見る者に深い感動を与えるのはつくりだした世界、キャラクター、ストーリーが練り込まれているからに他ならない … 続きを読む 『クルエラ』は悪役(ヴィラン)なのに応援したくなる、楽しく溌溂とした女性の成長物語!