『ヘラクレス』は最強のヒーローに新しいイメージを付加した、パワフルなアクション快作!

   アメリカ映画界で活動するアクション・スターのなかで、本物の肉体派、見るからに強そうなのは“ザ・ロック”こと、ドウェイン・ジョンソンだろう。プロレスラーとして“ザ・ロック”の名でWWEのリングに上がり、世界 … 続きを読む 『ヘラクレス』は最強のヒーローに新しいイメージを付加した、パワフルなアクション快作!

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』は、17歳少女の生死の選択を描いたベストセラー小説の映画化。好編だ。

 映画界が題材の認知度を重視することはアメリカも日本も変わらない。コミックやベストセラー小説の映画化が盛んに行なわれるのはここに起因しているが、近年、とりわけアメリカ映画界ではヤング・アダルト小説の映画化が観客を集めてい … 続きを読む 『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』は、17歳少女の生死の選択を描いたベストセラー小説の映画化。好編だ。

『レクエイム 最後の銃弾』と『ファイアー・レスキュー』は香港映画導師・筒井修氏ご推薦の“往年の香港映画の香り”漂う逸品。

     筒井修氏は1984年に映画界に身を投じて以来、主にプロモーションの立場から香港映画の栄枯盛衰を見てきた。香港映画を広く知らしめた先達、飯田格氏に師事して知識を吸収するとともに、その跡を継いで … 続きを読む 『レクエイム 最後の銃弾』と『ファイアー・レスキュー』は香港映画導師・筒井修氏ご推薦の“往年の香港映画の香り”漂う逸品。

『ジャージー・ボーイズ』は、クリント・イーストウッドの演出に耽溺できるブロードウェイ・ミュージカル映像化!

   クリント・イーストウッドの新作をみるたびに、同じ時代を生きている喜びに包まれる。1930年生まれというから、もう84歳になったのか。『恐怖のメロディ』の昔から、『許されざる者』や『ミスティック・リバー』、 … 続きを読む 『ジャージー・ボーイズ』は、クリント・イーストウッドの演出に耽溺できるブロードウェイ・ミュージカル映像化!

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は、1968年のSF名作の世界をリブートした大ヒット・アクション第2弾!

   1968年に製作された『猿の惑星』は、ラストシーンの衝撃によって世界中でセンセーションを巻き起こし、今でもSF映画の傑作に数えられている。これだけ多くの耳目を集めると、当然のごとくシリーズ化され、4本の続 … 続きを読む 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は、1968年のSF名作の世界をリブートした大ヒット・アクション第2弾!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は2014年全米ナンバーワン・ヒットも頷ける、受ける要素満載の痛快冒険アクション!

   昨今のようにアメリカン・コミックを原作にした実写映画が次から次へと劇場公開されるようになると、もはやSFX満載の“ありえない”3D映像など珍しくもない。 コミックにさほど愛着のない人たちには、よほど際立っ … 続きを読む 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は2014年全米ナンバーワン・ヒットも頷ける、受ける要素満載の痛快冒険アクション!

『リスボンに誘われて』は年輪を重ねた人間ほど惹きつけられる、男のロマンを謳った世界的ベストセラーの映画化!

   豪華な俳優たちの競演でも話題となった、世界31カ国に翻訳されて世界的なベストセラー、パスカル・メルシエの「リスボンへの夜行列車」の映画化作品。ドイツ、スイス、ポルトガルの合作ながら、スタッフ、キャストは各 … 続きを読む 『リスボンに誘われて』は年輪を重ねた人間ほど惹きつけられる、男のロマンを謳った世界的ベストセラーの映画化!

『LUCY/ルーシー』はスカーレット・ヨハンソンの魅力を活かした、リュック・ベッソン印SFアクション!

  『のら猫の日記』や『ゴーストワールド』など、子役から出発した女優スカーレット・ヨハンソンは成長してからも、ピーター・ウェーバーの『真珠の耳飾りの少女』をはじめ、ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレ … 続きを読む 『LUCY/ルーシー』はスカーレット・ヨハンソンの魅力を活かした、リュック・ベッソン印SFアクション!

『リヴァイアサン』は“体感する”という形容がふさわしい、ヴィジュアル・インパクトに富んだドキュメンタリー注目作!

   近年、ドキュメンタリー映画が一般劇場で公開されるケースが増えてきた。多様化を続けるドキュメンタリー映画の奥行きの深さを、多くの人が実感できる機会が増えてきたのはまことに喜ばしい限りだが、とりわけ本作品はユ … 続きを読む 『リヴァイアサン』は“体感する”という形容がふさわしい、ヴィジュアル・インパクトに富んだドキュメンタリー注目作!

『グレート・ビューティ 追憶のローマ』は、パオロ・ソレンティーノの美意識と映像感性が際立つ、心に沁みる逸品。

   現在、イタリア映画界でもっとも注目されている監督、パオロ・ソレンティーノの待望の作品だ。すでに第86回アカデミー賞外国語映画賞を獲得したのをはじめ、ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞、ヨーロッパ映画 … 続きを読む 『グレート・ビューティ 追憶のローマ』は、パオロ・ソレンティーノの美意識と映像感性が際立つ、心に沁みる逸品。

by Takaki Inada