タグ別アーカイブ: Featured

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は、1968年のSF名作の世界をリブートした大ヒット・アクション第2弾!

   1968年に製作された『猿の惑星』は、ラストシーンの衝撃によって世界中でセンセーションを巻き起こし、今でもSF映画の傑作に数えられている。これだけ多くの耳目を集めると、当然のごとくシリーズ化され、4本の続 … 続きを読む 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は、1968年のSF名作の世界をリブートした大ヒット・アクション第2弾!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は2014年全米ナンバーワン・ヒットも頷ける、受ける要素満載の痛快冒険アクション!

   昨今のようにアメリカン・コミックを原作にした実写映画が次から次へと劇場公開されるようになると、もはやSFX満載の“ありえない”3D映像など珍しくもない。 コミックにさほど愛着のない人たちには、よほど際立っ … 続きを読む 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は2014年全米ナンバーワン・ヒットも頷ける、受ける要素満載の痛快冒険アクション!

『リスボンに誘われて』は年輪を重ねた人間ほど惹きつけられる、男のロマンを謳った世界的ベストセラーの映画化!

   豪華な俳優たちの競演でも話題となった、世界31カ国に翻訳されて世界的なベストセラー、パスカル・メルシエの「リスボンへの夜行列車」の映画化作品。ドイツ、スイス、ポルトガルの合作ながら、スタッフ、キャストは各 … 続きを読む 『リスボンに誘われて』は年輪を重ねた人間ほど惹きつけられる、男のロマンを謳った世界的ベストセラーの映画化!

『LUCY/ルーシー』はスカーレット・ヨハンソンの魅力を活かした、リュック・ベッソン印SFアクション!

  『のら猫の日記』や『ゴーストワールド』など、子役から出発した女優スカーレット・ヨハンソンは成長してからも、ピーター・ウェーバーの『真珠の耳飾りの少女』をはじめ、ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレ … 続きを読む 『LUCY/ルーシー』はスカーレット・ヨハンソンの魅力を活かした、リュック・ベッソン印SFアクション!

『リヴァイアサン』は“体感する”という形容がふさわしい、ヴィジュアル・インパクトに富んだドキュメンタリー注目作!

   近年、ドキュメンタリー映画が一般劇場で公開されるケースが増えてきた。多様化を続けるドキュメンタリー映画の奥行きの深さを、多くの人が実感できる機会が増えてきたのはまことに喜ばしい限りだが、とりわけ本作品はユ … 続きを読む 『リヴァイアサン』は“体感する”という形容がふさわしい、ヴィジュアル・インパクトに富んだドキュメンタリー注目作!

『グレート・ビューティ 追憶のローマ』は、パオロ・ソレンティーノの美意識と映像感性が際立つ、心に沁みる逸品。

   現在、イタリア映画界でもっとも注目されている監督、パオロ・ソレンティーノの待望の作品だ。すでに第86回アカデミー賞外国語映画賞を獲得したのをはじめ、ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞、ヨーロッパ映画 … 続きを読む 『グレート・ビューティ 追憶のローマ』は、パオロ・ソレンティーノの美意識と映像感性が際立つ、心に沁みる逸品。

『めぐり逢わせのお弁当』はお弁当がとりもつ絆を優しく描いて、ヨーロッパで大ヒットを記録したインド映画。

   昨年の『きっと、うまくいく』のヒットなどで日本でも再びインド映画がじわじわと脚光を浴びてきた。歌あり踊りあり、笑いもペーソスも盛り込まれ、迫力たっぷりのアクションも網羅される。まさにエンターテインメントの … 続きを読む 『めぐり逢わせのお弁当』はお弁当がとりもつ絆を優しく描いて、ヨーロッパで大ヒットを記録したインド映画。

『イーダ』は、かつてのポーランド映画黄金期作品の心を継承した、少女の成長を描いたロード・ムービー。

     最近は公開される機会が少ないが、ポーランド映画といわれてまず頭に浮かぶのが、アンジェイ・ワイダの『地下水道』(1957)や『灰とダイヤモンド』(1958)、『夜の終わりに』(1961)。アン … 続きを読む 『イーダ』は、かつてのポーランド映画黄金期作品の心を継承した、少女の成長を描いたロード・ムービー。

『GODZILLA ゴジラ』は日本発の怪獣が縦横に暴れまくる、アメリカ映画得意の3Dスペクタクル・アクション超大作!!

   1954年にスクリーンに登場し、強烈なインパクトを残したゴジラは、間違いなく日本を代表する怪獣である。このキャラクターを中心にした日本映画は2004年までに28を数え、その雄姿は日本人の心に鮮烈に焼きつい … 続きを読む 『GODZILLA ゴジラ』は日本発の怪獣が縦横に暴れまくる、アメリカ映画得意の3Dスペクタクル・アクション超大作!!

『思い出のマーニー』は、スタジオジブリが”ポスト宮崎駿”の思いを込めて挑んだファンタジー。

   2013年、日本映画を牽引してきたスタジオジブリは、大きな転換を迎えることになった。長年、同スタジオとともに作品を送り出してきた匠、宮崎駿が『風立ちぬ』を最後に長編作品からの引退を発表。一方で、同じく功労 … 続きを読む 『思い出のマーニー』は、スタジオジブリが”ポスト宮崎駿”の思いを込めて挑んだファンタジー。