『ブリッジ・オブ・スパイ』はトム・ハンクスの個性とスピルバーグの演出が堪能できる好編!

   近年は『戦火の馬』や『リンカーン』といったエピック・フィルムが多いスティーヴン・スピルバーグが、ひさびさにトム・ハンクスと組んで生み出した、スリリングでヒューマンなエンターテインメントである。 ハンクスと … 続きを読む 『ブリッジ・オブ・スパイ』はトム・ハンクスの個性とスピルバーグの演出が堪能できる好編!

『クリード チャンプを継ぐ男』は、『ロッキー』シリーズの魂を受け継いだ、熱いボクシング映画。

  1976年に登場した『ロッキー』は、アメリカ映画史に大きな足跡を残したと言える。それまで無名の俳優だったシルヴェスター・スタローンの書いた脚本をもとに、低予算で製作された作品ではあったが、世界的にヒットを記 … 続きを読む 『クリード チャンプを継ぐ男』は、『ロッキー』シリーズの魂を受け継いだ、熱いボクシング映画。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はシリーズのツボを突いた、ヒット間違いなしの快作!

  1978年、テアトル東京で初めて『スター・ウォーズ』(後に全9作からなる構想が浮上し“エピソードⅣ A NEW HOPE”の位置付けとなった)をみた。本国での公開は1977年で日本公開までに1年もあり、雑誌 … 続きを読む 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はシリーズのツボを突いた、ヒット間違いなしの快作!

『リザとキツネと恋する死者たち』は奇妙な昭和歌謡(!?)がクセになる、ユニークなハンガリー製ファンタジー!

   世界がネットで結ばれグローバル化した昨今、どこの国の文化や習慣、流行でもかんたんに知ることができる。映像や音楽はYouTubeなどでかんたんに世界中に拡散し、いい悪いは別にして、どこの国でも共有 … 続きを読む 『リザとキツネと恋する死者たち』は奇妙な昭和歌謡(!?)がクセになる、ユニークなハンガリー製ファンタジー!

『ディーン、君がいた瞬間(とき)』はドラマティックな軌跡を辿ったカリスマの素顔に迫った、切なく美しい実話。

  オランダ出身のアントン・コービンという名に注目したのは2007年の『コントロール』だった。懇意にしている日本の映画人がプロデュースに参画していることで、興味を覚えた作品だったが、映画がはじまると、コービンの … 続きを読む 『ディーン、君がいた瞬間(とき)』はドラマティックな軌跡を辿ったカリスマの素顔に迫った、切なく美しい実話。

『母と暮らせば』は終戦70年の今年にふさわしい、心に沁みる母と息子の情のファンタジー!

  現在も活動を続ける、日本映画を代表する匠と問われれば、山田洋次の名が即座に挙がる。1961年に『二階の他人』で監督デビューを果たして以来、『男はつらいよ』シリーズ、『家族』、『幸せの黄色いハンカチ』、『学校 … 続きを読む 『母と暮らせば』は終戦70年の今年にふさわしい、心に沁みる母と息子の情のファンタジー!