カテゴリー別アーカイブ: 新作紹介

『青天の霹靂』は、劇団ひとりが大泉洋を主演にすえて生み出した、“昭和”へのタイムスリップ・ストーリー。

 近年、芸人やコメディアンから映画監督に進出するケースが増えてきた。何といっても北野武という存在が大きいのか、いずれも認知度の高さを武器に映画に挑んでいる。すべての作品が成功しているとは思わないが、いずれもつくり手たちが … 続きを読む 『青天の霹靂』は、劇団ひとりが大泉洋を主演にすえて生み出した、“昭和”へのタイムスリップ・ストーリー。

『マンデラ 自由への長い道』は、ネルソン・マンデラの成長の軌跡をストレートに綴った、胸に迫る伝記映画。

   ネルソン・マンデラは、南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)に異を唱え、27年に及ぶ獄中生活に屈することなく戦い続けて、アパルトヘイト撤廃を勝ち取った存在として、多くの人から尊敬を集めている。惜しくも2013年 … 続きを読む 『マンデラ 自由への長い道』は、ネルソン・マンデラの成長の軌跡をストレートに綴った、胸に迫る伝記映画。

『ニューヨーク冬物語』は、脚本家アキヴァ・ゴールズマンが現代アメリカ文学の傑作に、監督として挑んだファンタジー。

   アキヴァ・ゴールズマンは『ビューティフル・マインド』でアカデミー脚色賞に輝き、プロデューサーとしても『Mr.&Mrs.スミス』や『ローン・サバイバー』などのヒット作を送り出した、アメリカ映画界で知らぬ人の … 続きを読む 『ニューヨーク冬物語』は、脚本家アキヴァ・ゴールズマンが現代アメリカ文学の傑作に、監督として挑んだファンタジー。

『ブルー・ジャスミン』はウディ・アレンの巧みな語り口のなか、ケイト・ブランシェットの演技に圧倒される人間喜劇。

 1969年に『泥棒野郎』で監督デビューを果たして以来、ウディ・アレンはほぼ年間1本のペースで作品を生み出し、近年も2011年の『ミッドナイト・イン・パリ』で3度目のアカデミー脚本賞に輝くなど、今も変わらぬ創作意欲で数々 … 続きを読む 『ブルー・ジャスミン』はウディ・アレンの巧みな語り口のなか、ケイト・ブランシェットの演技に圧倒される人間喜劇。

『とらわれて夏』はジェイソン・ライトマンがあえて古典的な設定で挑んだ、繊細なラヴストーリー。

 監督ジェイソン・ライトマンは、タバコ業界の悪名高いPRマンを主人公にした2006年の『サンキュー・スモーキング』で長編劇映画デビューを果たし、妊娠した女子高生の顛末を描いた『JUNO/ジュノ』や、アメリカ中を旅するリス … 続きを読む 『とらわれて夏』はジェイソン・ライトマンがあえて古典的な設定で挑んだ、繊細なラヴストーリー。