「新作紹介」カテゴリーアーカイブ

『神と共に 第1章:罪と罰』はアジア各国で大ヒットを記録した韓国製冥界エンターテインメント!

 キム・ギドクやボン・ジュノといった個性の強い監督の作品のみならず、近年はアクションやスリラー、ホラーなどのエンターテインメントにも好調さをみせる韓国映画界から、際立ったユニークさで勝負したアクション・ファンタジーが登場 … 続きを読む 『神と共に 第1章:罪と罰』はアジア各国で大ヒットを記録した韓国製冥界エンターテインメント!

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』はフレデリック・ワイズマンの素敵なドキュメンタリー。

 1930年生まれというから、現在、89歳。この年齢になっても、衰えぬ制作意欲で作品をコンスタントに送り出すアメリカ映画界の匠は、ふたりいる。クリント・イーストウッドとフレデリック・ワイズマンだ。ともにフィクションとドキ … 続きを読む 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』はフレデリック・ワイズマンの素敵なドキュメンタリー。

『ドント・ウォーリー』はロビン・ウィリアムズが映画化を熱望した心に沁み入る再生のドラマ。

 ロビン・ウィリアムズが2014年8月11日にこの世を去って5年近い歳月が経つ。ウィリアムズはハートウォーミングなキャラクターを演じさせたら素晴らしく魅力的だった。『ハドソン河のモスコー』や『グッドモーニング、ベトナム』 … 続きを読む 『ドント・ウォーリー』はロビン・ウィリアムズが映画化を熱望した心に沁み入る再生のドラマ。

『ザ・フォーリナー/復讐者』はジャッキー・チェンのハードボイルドな復讐アクション!

 自ら身体を張ったアクションで一世を風靡した存在といえば、ジャッキー・チェンの名がまず挙がる。  彼の全盛期は1980年代だろうか。当時、好調を極めていた香港エンターテインメントのなかでも、とりわけジャッキー・チェン作品 … 続きを読む 『ザ・フォーリナー/復讐者』はジャッキー・チェンのハードボイルドな復讐アクション!

『シャザム!』は明るく楽しいスーパーヒーローが弾けるアクション・アドヴェンチャー!

 コミックから生まれたスーパーヒーローも昨今のように数が増えると、製作側は差別化が必須となる。アメリカでは二大コミック会社、マーベルとDCコミックがしのぎを削ってスーパーヒーロー作品を量産している。コミックでの認知度は高 … 続きを読む 『シャザム!』は明るく楽しいスーパーヒーローが弾けるアクション・アドヴェンチャー!

『キングダム』は中国にロケーションを敢行した、アクション満載の歴史エンターテインメント!

 現在の日本映画界ではコミックを原作にした映画作品はもはや珍しくない。ヒットしたコミックは軒並み映画化される状況。当然、コミック原作作品を得意にする映画監督も出てくる。コミックのイメージを突きつめ、臨場感に溢れた動きの映 … 続きを読む 『キングダム』は中国にロケーションを敢行した、アクション満載の歴史エンターテインメント!

『ハンターキラー 潜航せよ』はひさしぶりに潜水艦映画の醍醐味が堪能できる快作!

 潜水艦は海中にじっと潜み、敵の出方をじっと伺い、時に鋭い牙をむく。だが水中から攻撃できる特性ゆえに、潜水艦は逆にそれが弱点ともなりうる。敵に気取られぬように、息の詰まるような狭い艦内で音を立てずに耐える、乗組員にかかる … 続きを読む 『ハンターキラー 潜航せよ』はひさしぶりに潜水艦映画の醍醐味が堪能できる快作!

『バイス』はディック・チェイニーのアメリカ副大統領時に至る軌跡を辛辣に暴き出したブラック・コメディ!

 2015年にアカデミー賞の作品、助演男優、監督、脚色、編集にノミネートされた『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイ、待望の新作である。  同作品では脚色賞に輝き、演出のみならず脚本家としての才能も認めら … 続きを読む 『バイス』はディック・チェイニーのアメリカ副大統領時に至る軌跡を辛辣に暴き出したブラック・コメディ!

『ブラック・クランズマン』はスパイク・リーらしさが前面に押し出された痛快エンターテインメント!

 第91回アカデミー賞で作品、助演男優、監督、脚色、作曲、編集の6部門にノミネートされ、脚本賞に輝いた作品である。脚本と監督を務めたスパイク・リーの個性に貫かれた仕上がりとなっている。  アメリカ・コロラド州コロラドスプ … 続きを読む 『ブラック・クランズマン』はスパイク・リーらしさが前面に押し出された痛快エンターテインメント!

『キャプテン・マーベル』はマーベル・コミック映画のなかでも群を抜いて面白いアクション・アドヴェンチャー!

 2008年の『アイアンマン』を皮切りに、『マイティ・ソー』(2011)、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)、さらに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)、『アントマン』(20 … 続きを読む 『キャプテン・マーベル』はマーベル・コミック映画のなかでも群を抜いて面白いアクション・アドヴェンチャー!